間違いやすい「search/search for」の使い方_きちんと使えてる?

こんにちは、まりあです。

 

今回は、【間違いやすい英語】シリーズです。

「search」「search for」の使い方はわかりますか?

 

【間違いやすい英語フレーズ】「search」「search for」の使い方

 

「search」「search for」の使い方

まとめると…

  • search→ある場所に何かを隠していないか捜査する/よく調べる
  • search for→(ものや人)を探す

 

 

一つずつ説明していきます。

「search」使い方

「search」ある場所に何かを隠していないか捜査するときに使います。

 

意味合い的には、対象とするものを探すのではなく、その対象物を見つけるためにその場所を捜索するという意味合いがあります。

 

 

「search」を使う時は、以下のような場面をイメージしてみてください。

  • 警察官が不審者が何か危険なものを持っていないかを探すとき
  • 探偵が容疑者の部屋に何かを隠していないかを捜査するとき

 

 

例えば、

  • The policeman searched the suspect’s room.
    (警官は、犯人の部屋を捜査しました。
    )
  • The detective searched the car.
    (その探偵は、車(の中)を捜査しました。)

 

「search for」使い方

「search for」は、一般的に(ものや人)を探すときに使用します。

 

「search for」を使う時は、以下のような場面が挙げられます。

    • 見つけたい対象のものを探すとき
  •  捜査したいわけではなく、ただ単に探せればいいとき

 

 

例えば、

  • The policeman searched for his room key.
    (警官は、彼の部屋の鍵を探しました。)
  • The detective searched for the car.
    (その探偵は、車を探しました。)
  • I searched for the information about Tokyo on Google.
    (Googleで東京についての情報を探しました。)

 

******

ぜひ参考にしてみてくださいね!

「この違いを教えて欲しい!」というリクエストがあれば、コメントからどうぞ!

 

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

こちらの記事も読まれています。

関連記事

こんにちは、まりあです。 Welcome to my blog!   今回は、【間違いやすい英語】シリーズです。 「say」「speak」「talk」「tell」の使い方はわかりますか?  […]

関連記事

こんにちは、まりあです。   今回は、【間違いやすい英語】シリーズです。 「made of」「made from」「made with」「made by」の使い方はわかりますか?   【間違いや[…]

 

\応援のポチをもらえると泣いて喜びます!/

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

Twitterから最新情報をチェックしよう!