made of/made from/made with/made byの使い方。例文あり。

こんにちは、まりあです。

 

今回は、【間違いやすい英語】シリーズです。

「made of」「made from」「made with」「made by」の使い方はわかりますか?

 

【間違いやすい英語フレーズ】「made of」「made from」「made with」「made by」の使い方

 

「made of」「made by」「made from」「made with」の使い方

  • made of→材料の成分・質が変わることはなく、目で見て、その材料が使われているとわかる
  • made from→材料の成分・質が変わっていて、目で見て、その材料が使われているかわかりにくい
  • made with→いくつかの材料から作られているとわかる
  • made by→作った誰かのことを表す

 

使い方は、

  • The table is made of wood.
    (この机は木製です。(木で作られています))
  • Paper is made from wood.
    (紙は木から作られています。)
  • This french toast is made with flour, milk, and eggs.
    (このフレンチトーストは、小麦粉と牛乳と卵で作られています。)
  • The iPhone was made by Apple.
    (iPhoneはAppleによって作られました。)

 

 

*****

ぜひ参考にしてみてくださいね!

「この違いを教えて欲しい!」というリクエストがあれば、コメントからどうぞ!

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

Twitterから最新情報をチェックしよう!